フィールドノートを
受け継ぐ

手書きのフィールドノート(研究者が現地調査で作るメモ)を次の世代の研究者に受け継ぐと同時に研究者以外の人々 へも公開していくことを目指したプロジェクトの紹介です。

06
June 2018

オンライン動画プログラム「地域研究への招待」

フィールドノートを受け継ぐ

―フィールドノート・データベースプロジェクト―

 

「ここはいったいどういうところだろう」「人びとはどうやって暮らしているのだろう」「社会はどうやって成り立っているのだろう」…。

こうした疑問から始まるような海外学術調査は、現地(フィールド)の様子をよく観察することから始まります。

その観察記録がフィールドノートです。

研究者は、自分の関心に応じて自分に分かりやすいよう、多種多様なフィールドノートを作成します。そのためフィールドノートは、文字が汚くて読めないような場合も含めて、他人にはわかりにくいことが多く、公開することも前提とされていません。

しかし、そこに書かれた記録は、研究者の目を通じて可能な限り主観を排した客観的事実の記録であり、その時、その場所での状況を知るには実に有用な情報を含んでいることがあります。そこで、フィールドノートの記録を誰でも利用できるよう、地図と連動させて表示するデータベースを作りました。それがフィールドデータベースです。

フィールドノートを公開することが増えてきましたが、多くは手書きのノートのままであり、本データベースのように、後世の利用を目的としたシンプルかつ情報を探しやすいデータベースはほとんどないといってよいでしょう。ご関心のある方はぜひ使ってみてください。

 

動画で紹介したデータベース フィールドノートアーカイブ
http://fieldnote.archiving.jp/

 

柳澤雅之(京都大学東南アジア地域研究研究所)

共同研究者:
山田太造(東京大学史料編纂所)
高田百合奈(撮影時は首都大学東京大学院システムデザイン研究科、2018.8~ 東京大学大学院情報学環)

 

再生時間:07:12

撮影地:日本、京都 京都大学、東京 東京大学、首都大学東京

Image
Image
Image
Image
Image
Image

THE CAST

「フィールドノートを受け継ぐ」の出演者

Image

YANAGISAWA, Masayuki

Associate Professor

専門分野:東南アジア生態史、ベトナム地域研究、熱帯農学

https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/organization/staff-2/yanagisawa/

Image

YAMADA, Taizo

Assistant Professor

研究テーマ:史料からの情報抽出,史料に対するテキストマイニング/歴史情報検索

http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/faculty/gyoseki_yamada.html

Image

TAKATA, Yurina

首都大学東京大学院システムデザイン研究科(撮影時)
東京大学大学院情報学環 特任助教(2018.8~)

専門分野:情報可視化デザイン

https://www.linkedin.com/in/yurinatakata/

所属等の情報は、動画撮影時のものです。

Image
Image

Field Note

高谷先生のフィールドノート

京都大学東南アジア地域研究研究所図書室では、高谷先生のフィールドノートを書籍化した以下の資料が閲覧できます。
『地域研究アーカイブズ フィールドノート集成』全8巻(京都大学東南アジア研究所 、地域研究統合情報センター、2012~2013年)

Image
Image
Image
Image

もう少し深く知りたい方への文献紹介

(1)柳澤雅之・高田百合奈・山田太造「地域情報学の読み解き:発見のツールとしての時空間表示とテキスト分析」『地域研究』第16巻第2号、昭和堂、2016年、267-291頁。
http://www.showado-kyoto.jp/book/b216110.html(出版社のページ)
⇒ テキスト分析と組み合わせてフィールドデータベースを使った研究の有効性について書いています。

フィールドノートを受け継ぐ

―フィールドノート・データベースプロジェクト―

(2)柳澤雅之(代表執筆者、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科・東南アジア研究所編)『京大式フィールドワーク入門』NTT出版、2006年。
http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100001687(出版社のページ)
⇒ フィールドワークの初歩はわかっていて、経験もあり、これから論文を書こうという人向けのフィールドワーク方法論について書いています。

(3)高田百合奈・渡邉英徳・柳澤雅之・山田太造「位置情報とトピックモデルに基づくフィールドノートのビジュアライズ手法」『じんもんこん 2014 論文集』3 号、2014年、57-62頁。
http://id.nii.ac.jp/1001/00107362/ (Web公開)
⇒ フィールドノートの記述を、テキストの分析結果をもとに、デジタルマップ上に色別に可視化する方法について書いています。

(4)山田太造「フィールドノートに記述された場面を特徴付ける:語彙による知識処理」『情報知識学会誌』第 25 巻 4 号、2015年、315-324頁。
https://doi.org/10.2964/jsik_2015_028 (Web公開)
⇒ フィールドノートの記述を機械的に処理していくための手法、特にデータ構造化、テキスト分析、および分析結果について記しています。

 

 

本ページの内容は、京都大学東南アジア地域研究研究所ニューズレター記事としても収録されています。該当記事はこちらです。

CSEAS MOVIES